日本浮腫緩和療法協会とは

Complete Decongestive Therapy技術を対象別に、無理なく技術を学ぶことができる講座を
開催しいています。

2016年新設の[コースⅢ]は、リンパ浮腫複合的治療科算定に必要な「専門的なリンパ浮腫研修に関する教育要網」にかかる要件を満たす養成講座(実技講習)として、厚生労働省より認められています。

講習の様子 コース内容と受講資格
[コースⅠ]
基本手技と、廃用性浮腫、外傷後のMLD
公的医療、介護の有資格者
[コースⅡ]
基本的多層圧迫包帯法と、弾性着衣と選択、管理指導
公的医療資格者
[コースⅢ]
リンパ浮腫に特化したMLD
昼夜で変化させる2段階多層式圧迫包帯法と臨床実習
医師、看護師、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ師、柔道整復師

ベーシックな技術を修了した方向け講座、 厚生労働省が決めた「リンパ浮腫専門的教育」を修了された方は、復習としてどのコースでも受講できます。

2020年夏期講習よりイーラーニングを導入しました。

2020年10月15日
2021年 1月開催 冬期講座 【福岡会場】

“コロナ後の講習!! Webオンライン講義を組み込みました” 2021年度の講座は事前Eラーニング21単位 → オンデマンドビデオ講義(受講者が自分の都合の良い時に学ぶことができます)と講習2日前におこなうZOOMでの講 […]

2020年10月12日
2021年度からの研修について【システム大幅変更】

実技講習に必要な実技理論や基礎解剖整理を事前Eラーニング化しました。

2020年4月24日
2020年度講座 COVID-19の影響により大幅に変更致しました。

各講座の予定を中止及び日程とさせて頂きました。

2020年2月20日
COVID-19(新型コロナウイルス)に対する弊協会の対応について

現在進行中の講座に関しましては、内閣の対応に準じて感染防止に努めます。

推薦文:医療法人社団広田内科クリニック 廣田彰男

廣田彰男先生

このたび、広く浮腫全般の教育を内容とする日本浮腫緩和療法協会が発足した。
これまで、リンパ浮腫診療を主体として対応した養成校は存在するが、
より幅広く緩和ケアなどに見られる廃用性浮腫を明確に分けて対応する養成校はないと思われる。

臨床の場では、この二者の違いを理解した上で対処することは極めて重要であり、本協会の養成コースに大きく期待するものである。
全文を読む

医療法人社団広田内科クリニック 廣田彰男先生

ごあいさつ:当協会顧問 廣田 誼

廣田 誼先生

札幌でみつわ整形外科クリニックの理事長をしている廣田 誼と申します。この度,日本浮腫緩和療法協会の顧問にさせていただきました。

整形外科医師が浮腫に携わることに首をかしげる方も多いと思います。私がなぜ,浮腫に興味を持ったか簡単にご説明させていただきます。
全文を読む

医療法人社団みつわ整形外科クリニック 廣田 誼先生